ゼニカルジェネリック!ビーファットはリバウンドを防ぐの2015年5月記事一覧

食事制限はリバウンドの原因

ダイエットをする際の代表的な手法としてよく使われるのが食事制限という方法です。摂取するカロリーが消費するカロリーよりも少なければ、体内の脂肪が燃焼されて痩せることができるという考えですが、一筋縄では行かないのが食事制限です。
食事制限を課すことで空腹状態が長く続くため、イライラなどのストレスが溜まり精神的によくありませんし、栄養がふそうすることで肌荒れなどの身体的症状まで現れてきます。また、そのつらさからダイエットを途中で中断した際に、反動で過食に走ってしまうこともありリバウンドしてしまう可能性を秘めています。仮に、目標体重までダイエットすることが出来たとしても、体のホメオスタシスと呼ばれる作用の影響で、体の各器官が少ない食物から効率的に栄養を吸収しようと作り替えてしまいます。そうなると、これまでなら体重が増えるはずのなかった食事量でも、どんどんと栄養素が体に吸収されてしまい、体重が増えやすい体質になってしまうのです。
ですので、食事制限についてはダイエットとして良い方法とは言えません。食事制限をするくらいであれば、多少コストはかかりますが、ビーファットのように脂肪の吸収を抑制する医薬品を併用する方が効率は良いです。ビーファットはアメリカFDA認可のダイエット用医薬品なのですが、食事量を減らさずにダイエットをする際によく使われています。ビーファットの効果としては、体内の脂肪分解酵素リパーゼと結合し、脂肪の分解を阻止することで体内へ吸収を抑制し、概ね30%前後の油の吸収を防ぐことが出来ます。
食事制限のストレスもなく、その他の栄養素についてはそのままですので、体質の変化も起きない点がメリットです。

糖尿病、高血圧にはビーファットで予防

最近流行りのダイエット方法として、ダイエット薬の服用があります。これは、肥満外来がある内科や美容クリニックなどで処方してもらう薬になりますが、もともとは肥満気味の人に対して出して治療する薬になるのです。しかし、一部の美容クリニックでは出してくれることもあるのです。
ダイエット薬にも脂肪の吸収を阻害するものや食欲を抑制するものなどがあります。そのうち、メディアでも取り上げられることがあるのが、体内での脂肪の吸収を防いでくれるオーリスタットを含むダイエット薬になります。オーリスタットという成分は、脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを抑え、本来腸で吸収されるべき脂肪や脂質の3割を体外に排出してくれるのです。ですから、食事と一緒に服用することで、便と共に油分が出てくるのを確認することができるのです。油ものが好きな人には最適の薬なのです。
また、このオーリスタットは、食事療法と体重コントロールで利用すると、 糖尿病、高血圧および高コレステロールなどの特定の疾患の治療に使うこともできるのです。
オーリスタットを含む先発品は、ゼニカルという医薬品ですが、その後発のジェネリックも数多く出ています。ビーファットやオルリファスト、成分名と同じくオーリスタットといったものが出ており、医師の処方だけでなく、海外からの個人輸入でも入手できるようになっています。しかし、糖尿病などの持病のある人では、ビーファットなどを使用するときに医師に相談することをおすすめします。
しかしながら、ビーファットはジェネリックであり、成分は同じで同様の効果が期待できる上にかなり安い価格で購入できたりするので、服用を検討してみてもいいでしょう。