ゼニカルジェネリック!ビーファットはリバウンドを防ぐの2016年2月記事一覧

ビーファットとグレープフルーツと運動の効果

ビーファットは食欲抑制系でもなく、脂肪燃焼系でもない、栄養排出系の薬です。
排出するのは三大栄養素のうちの脂肪のみです。糖質とたんぱく質には一切作用しません。たんぱく質は肥満の原因にはならず、むしろ運動する時の筋肉つくりのための積極的に摂取したい栄養素です。糖質は肥満の原因になるので、こちらはなるべく摂取を控えるようにします。
ビーファットは食べた脂肪のうち30%を未吸収で体外に排出させる、肥満治療薬です。300kcalの脂肪分を摂取したとしたら、90kcal分は食べなかったことにして体外に排出してくれるということです。
ビーファットの効果が感じられやすいのは、日頃から脂っこい食事を好む人です。逆にご飯やパンなどの炭水化物ばかり食べている人には不向きです。糖質カットは糖質カットで別に薬があるので、炭水化物が好きな人はそちらを使うと良いでしょう。
ビーファットを使うと、脂肪の摂取量が減るので、摂取カロリーを抑えることが出来ます。すでについてしまった脂肪を燃やす効果はありませんから、早く痩せたいという人は他のダイエット方法と組み合わせると効果的です。
ついてしまった脂肪を燃やすには、有酸素運動とグレープフルーツの香りダイエットが効果的です。
ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、脂肪を燃やす働きが強い運動方法です。
グレープフルーツの香り成分「ヌートカトン」には、交感神経を刺激して脂肪を燃やす働きがあります。また、グレープフルーツの皮の近くにある白い筋には、水分を排出させる効果があるので、とらずに食べるとむくみ解消にも役立ちます。グレープフルーツを食べるのが面倒という人は、グレープフルーツジュースを使っても良いです。